妊活ベビ待ち茶公式通販サイト わたしの妊活ウェブ

妊活ベビ待ち茶公式通販サイト わたしの妊活ウェブ

未分類

2024.7.12

妊活中に飲んで欲しいおすすめのお茶5選

妊活中にお茶を飲むことは、リラックス効果やストレス軽減に役立ちます。 心身のリラックスを促し、妊娠の確率を高めるとされています。 今回は、妊活中に飲んで欲しいおすすめのお茶を紹介します。   ルイボスティー ルイボスティーは妊活中の健康サポートに役立ちます。 カフェインを含まず、抗酸化物質が豊富で体の酸化ストレスを軽減し、健康維持を助けます。 ルイボスティーはリラックス効果もあり、ストレス軽減に役立つため、妊娠を目指す女性の心身のバランスを保つのに適しています。 健康的なライフスタイルの一部として取り入れることで、妊活をサポートします。   たんぽぽ茶 たんぽぽ茶は、妊活中の女性にとって健康をサポートする飲み物です。 カフェインフリーで、ホルモンバランスを整える効果が期待されるため、妊娠を目指す女性に適しています。 また、たんぽぽ茶には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、特に鉄分は貧血予防に役立ちます。 消化を助ける効果もあり、全体的な健康を維持しやすくなります。ストレス軽減にも役立つため、心身のリラックスを促し、妊活をサポートします。   黒豆茶 黒豆茶は、妊活中の健康維持に役立つ飲み物です。抗酸化物質であるアントシアニンが豊富で、体の酸化ストレスを軽減し、細胞の健康を保つ助けになります。 また、黒豆茶にはイソフラボンが含まれており、ホルモンバランスの調整に寄与します。カフェインが含まれていないため、安心して飲むことができ、リラックス効果も期待できます。 これらの特性により、妊活中の心身の健康をサポートし、より良いコンディションで妊娠を目指すことが可能です。   生姜紅茶 生姜紅茶は妊活中の女性に健康をサポートする飲み物です。 生姜には体を温める効果があり、血行を促進して冷えを改善することで、妊娠しやすい体作りを助けます。 また、抗酸化作用があり、体の酸化ストレスを軽減して細胞の健康を保ちます。紅茶のリラックス効果と生姜の消化促進効果が組み合わさることで、全体的な健康維持に役立ちます。 これらの特性により、生姜紅茶は妊活中の女性の心身のバランスを整え、妊娠を目指すサポートになります。   妊活ベビ待ち茶 妊活ベビ待ち茶は、上にあげたルイボス・黒大豆・たんぽぽ根・生姜の他、コーン、ゆず皮、ローズヒップ、ネトルと合計8種のハーブが配合された妊活中の女性のために作られたお茶になります。 ノンカフェインなので、妊活中でも安心して飲めますし、ストレスの多い妊活中にリラックス効果をもたらせてくれます。 治療やサプリメントなど義務感の多いことが多い妊活ですが、お茶は普段飲んでいるものに置き換えるだけなので、気軽に続けることができるのも大きなメリットです。 これだけハーブが配合されてるからきっと美味しくないのでは?と期待を裏切るほど美味しくて評判です。 まずはお試し980円送料無料で、妊活ベビ待ち茶を飲んでみて下さいね。 妊活ベビ待ち茶はこちらから    

妊活ニュース

2024.7.5

ルピシアの妊活中にオススメのお茶5選

妊活中の生活習慣や食生活に気を遣うことは大切です。   特に、カフェインを控えめにしながらリラックスできる飲み物を選ぶことは、妊活中のストレス軽減や体調管理に役立ちます。そこで、今回はルピシアで販売されているお茶の中から、妊活中にオススメの5つのお茶をご紹介します。    1. オーガニック ルイボス ナチュラル ルイボスティーは、南アフリカ原産のハーブティーで、抗酸化作用があり、妊活中の健康維持に役立つと言われています。   ルピシアのルイボスティーは、プレーンなものからフレーバー付きのものまで幅広く取り揃えられており、自分の好みに合わせて選ぶことができます。   特に人気の「オーガニック ルイボス ナチュラル」は、ノンカフェインでありながら、豊かな風味とリラックス効果を楽しめる一杯です。   ティーバッグ 10個パック入 850円(本体価格787円)      2. 香ばし黒豆麦茶   ルピシアの「香ばし黒豆麦茶」は、香ばしく焙煎した国産の黒豆と上質な大麦がブレンドされたお茶です。   カフェインフリーで安心して飲めるのが特徴です。黒豆は女性ホルモンにいいと言われているので、妊活中におすすめのお茶になります。   ティーバッグ 10個BOX入 580円(本体価格537円)      3. 国産 とうもろこし茶 ルピシアの「国産 とうもろこし茶」は、妊活中の女性に多くの健康効果をもたらします。   まず、カフェインフリーであるため、妊活中に安心して飲むことができます。   さらに、とうもろこし茶にはカリウムやマグネシウムが豊富に含まれており、これらのミネラルは体内の水分バランスを整え、むくみを軽減する効果があります。   また、抗酸化作用があるため、体内の老廃物を排出し、全身の代謝を促進することが期待されます。これにより、妊活中の体調管理やリラックスに役立ちます。   ティーバッグ 10個入  630円(本体価格583円)      4. ジンジャー甜茶 ルピシアの「 ジンジャー甜茶 」は、妊活中の女性にとって有益です。   生姜は血行を促進し、体を温める効果があり、冷え性改善に役立ちます。冷えは妊活の大敵とされており、生姜の温め効果が重要です。   甜茶は甘い味わいがリラックス効果をもたらし、ストレス軽減に効果的です。   さらに、甜茶には抗アレルギー作用があり、体調を整える効果も期待できます。これらの効果が組み合わさることで、生姜と甜茶のブレンド茶は妊活中の体調管理とリラックスに役立ちます。   ティーバッグ 10個パック入 1,000円(本体価格925円)        5. 琉球ふらわ ルピシアの「琉球ふらわ」は、ローズヒップとハイビスカスがブレンドされたお茶になります。   ハイビスカスはビタミンCや鉄分が豊富で、免疫力を高め、貧血予防に役立ちます。ローズヒップもビタミンCが豊富で、抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去し、細胞の健康を保つのに効果的です。   これらのビタミンや抗酸化成分は、ホルモンバランスを整えるサポートをし、妊活中の体調管理に寄与します。さらに、このブレンド茶はフルーティーで爽やかな味わいがリラックス効果をもたらし、ストレス軽減にも役立ちます。   ただ、ハイビスカスは体を冷やす面もあるので、ホットで飲むのがオススメです。   30g デザイン缶入 1,150円(本体価格1,064円)      全部入ってる妊活ベビ待ち茶 ルピシアで妊活におすすめなお茶であげた、ルイボス・黒豆・コーン・ローズヒップ・生姜の他、ゆず皮・ネトル・たんぽぽ根も入ったお茶があるんです。   その名も「妊活ベビ待ち茶」。   それぞれを買うと割高になりますが、妊活ベビ待ち茶は1包で3杯飲めるものが30包入って2980円送料無料(定期便の価格です)    毎日美味しく飲んで、気軽に妊活できたらいいですよね。   まずは味を知りたい!という方は、お試し980円送料無料も用意してます。   ぜひ、一度飲んでみてくださいね。    妊活ベビ待ち茶はこちらから   

妊活ニュース

2024.7.2

無印良品で買える妊活中におすすめのお茶5選

妊活中の女性にとって、日々の生活習慣や食事は非常に重要です。 特に、身体に優しい飲み物を選ぶことは大切です。今回は、無印良品で購入できる妊活中におすすめのお茶を5つご紹介します。 これらのお茶は、リラックス効果や栄養補給に優れており、妊活中の体調管理に役立つでしょう。   1. 有機ルイボスティー 有機ルイボスティーの特徴 ルイボスティーは、ノンカフェインで抗酸化作用が高いことで知られています。無印良品の有機ルイボスティーは、香りが豊かでクセがなく、非常に飲みやすいのが特徴です。 有機ルイボスティーを飲んだ感想 初めて飲んだ時、柔らかな甘みとほのかな香ばしさが広がり、とてもリラックスできました。クセがないので、毎日飲んでも飽きることがありません。妊活中にぴったりの一杯です。   2. カモミール&オレンジピール カモミール&オレンジピールの特徴 カモミール&オレンジピールは、リラックス効果や安眠効果が期待できるハーブティーです。無印良品のカモミール&オレンジピールは、オーガニック素材を使用しており、安心して飲むことができます。ただ、カモミールは子宮収縮を促すので妊娠がわかったらストップしましょう。 カモミール&オレンジピールを飲んだ感想 実は私、カモミールもオレンジピールも苦手なのです。カモミールの独特な香とミント系が好きな方なら最高の組み合わせだと思います。   3. 穀物のお茶 黒豆 穀物のお茶 黒豆の特徴 穀物のお茶 黒豆は、国産大豆の黒豆を使用したノンカフェインのお茶で、胃腸に優しい特徴があります。穀物のお茶 黒豆は、深い味わいと香りが楽しめます。 穀物のお茶 黒豆を飲んだ感想 甘い黒豆の味がして、食事ともよく合います。飲むとホッとする感覚があり、身体が温まります。妊活中のリラックスタイムに最適です。   4. 奈良の記憶のぬくもりよもぎ茶 奈良の記憶のぬくもりよもぎ茶の特徴 よもぎは、古くから健康茶として親しまれており、デトックス効果や冷え性改善に役立ちます。無印良品の「奈良の記憶のぬくもりよもぎ茶」は、自然な甘みと草木の香りが楽しめます。 奈良の記憶のぬくもりよもぎ茶を飲んだ感想 独特の草木の香りが心地よく、飲んだ後に身体が温まるのを感じました。冷え性に悩む妊活中の女性には特におすすめです。     5. 生姜ほうじ茶 生姜ほうじ茶の特徴 生姜は、血行促進や冷え性改善に効果的な食材です。無印良品の生姜ほうじ茶は、生姜のピリッとした風味が絶妙にマッチしています。 生姜ほうじ茶を飲んだ感想 生姜の辛味がほどよく効いていて、飲むと身体がポカポカと温まります。寒い季節や冷えを感じる時にぴったりです。香りも楽しめるので、リラックスタイムに最適です。     無印良品はいろいろ揃っててGOOD 無印良品では、妊活中に安心して飲めるお茶が豊富に揃っています。 どれも自然な素材を使用しており、身体に優しいのが特徴です。今回紹介した5つのお茶は、それぞれに特長があり、日々の気分や体調に合わせて選ぶことができます。妊活中のリラックスや体調管理に、ぜひ取り入れてみてください。   妊活ベビ待ち茶は8種のハーブが入ってます 私が妊活中に開発して販売している「妊活ベビ待ち茶」はルイボス・黒大豆・たんぽぽ根・生姜・ゆず皮・ローズヒップ・コーン・ネトルの8種のハーブが配合されています。 8つの茶葉を買うとコストもかかりますが、妊活ベビ待ち茶ならブレンドされてるので1つ購入するだけでお得にお味が楽しめます。 妊活中の女性にオススメのハーブばかりなので、ぜひ一度試してみてくださいね。 妊活ベビ待ち茶980円送料無料

妊活ニュース

2024.6.28

妊活中のお茶はノンカフェインを選ぼう

妊活を始めると、食事や生活習慣に気を使う方が多いと思います。 その中で、毎日の飲み物も妊活に適したものを選ぶことが大切です。 特にお茶は、日常的に飲まれることが多い飲み物の一つですが、妊活中にはカフェインの摂取を控えることが推奨されています。 そこで、今回は妊活中に適したノンカフェインのお茶についてご紹介します。 カフェインの影響 まず、カフェインが妊活にどのような影響を与えるのかを理解することが重要です。カフェインは、コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれる成分で、覚醒作用や集中力を高める効果があります。 しかし、過剰なカフェイン摂取は、不妊リスクを高める可能性があるとされています。具体的には、カフェインは体内での鉄分の吸収を妨げたり、ホルモンバランスを乱すことがあり、これが妊娠の妨げになることがあります。   ノンカフェインのお茶の種類 妊活中におすすめのノンカフェインのお茶はいくつかあります。以下に代表的なものを紹介します。   妊活中におすすめのノンカフェインのお茶:ルイボスティー ルイボスティーは、南アフリカ原産のお茶で、カフェインを含まず、抗酸化作用が強いことで知られています。抗酸化作用により、体内の酸化ストレスを軽減し、細胞の健康を保つことが期待できます。また、ミネラルも豊富に含まれており、妊活中の栄養補給にも役立ちます。   妊活中におすすめのノンカフェインのお茶:黒豆茶 黒豆茶は、妊活中の女性におすすめのノンカフェイン飲料です。黒豆には、抗酸化作用のあるアントシアニンやイソフラボンが豊富に含まれており、ホルモンバランスを気にする女性に人気です。 黒豆茶は体を温める効果があり、冷え性の改善にも役立ちます。これらの特性により、妊活中の女性にオススメのノンカフェインのお茶となります。   妊活中におすすめのノンカフェインのお茶:たんぽぽ茶 たんぽぽ茶は、妊活中の女性に人気のノンカフェイン飲料です。たんぽぽの根は、伝統的に代謝をサポートするために使用されており、栄養価も高く、ビタミンやミネラルが豊富です。 これにより、全体的な健康維持をサポートし、妊娠に適した体作りを助けるとされています。また、たんぽぽ茶はリラックス効果があり、ストレス軽減にも役立ちます。これらの特性により、妊活中の女性にとって安心して飲める選択肢となります。   妊活中におすすめのノンカフェインのお茶:妊活ベビ待ち茶 妊活ベビ待ち茶は上にあげたルイボスティー、黒豆茶、たんぽぽ茶の茶葉のほか、生姜、ゆず皮、コーン、ローズヒップ、ネトルと8種のハーブが配合されています。 いくつもの種類を購入して飲むよりも、妊活にいい成分が1つにまとまっているほうが、効率的に成分をとることができます。 妊活ベビ待ち茶980円送料無料   ノンカフェインのお茶を選ぶポイント ノンカフェインのお茶を選ぶ際には、以下のポイントを参考にしてください。 1. 原材料の確認 原材料がシンプルで、添加物が含まれていないものを選びましょう。特にハーブティーの場合、ハーブの品質が重要です。 2. 自分の体質に合ったものを選ぶ お茶にはそれぞれ異なる効果がありますので、自分の体質や妊活の状況に合ったお茶を選ぶことが大切です。例えば、冷え性の方は温め効果のあるお茶を、リラックスしたい方はリラックス効果の高いお茶を選ぶと良いでしょう。   まとめ 妊活中のお茶選びは、カフェインを避けることが重要です。 ルイボスティー、黒豆茶、たんぽぽ茶などのノンカフェインのお茶は、妊活中の女性にとって理想的な選択肢です。自分に合ったノンカフェインのお茶を見つけ、リラックスした時間を過ごしながら、妊活をサポートしましょう。 お茶の選び方一つで、妊活が少しでも楽しく、健康的なものになることを願っています。

妊活ブログ

2024.6.26

妊活中にお茶と漢方、どちらを選ぶべき?

妊活中にお茶と漢方、どちらが良いのか?って迷うことがありますよね。 それにはお茶と漢方、それぞれの特徴や効果について理解する必要があります。妊活は身体の準備だけでなく、精神的なサポートも重要です。 お茶と漢方は、どちらも自然の力を利用して体を整える方法ですが、それぞれに異なる利点と目的があります。   妊活中のお茶の利点 お茶は古くから健康飲料として親しまれており、リラックス効果や抗酸化作用があります。特に、妊活中におすすめのお茶としては以下のものがあります。 妊活にいいお茶:ルイボスティー ルイボスティーはカフェインを含まず、抗酸化物質が豊富です。 抗酸化物質は体内の活性酸素を除去し、細胞の老化を防ぐ効果があります。 また、ルイボスティーは鉄分やミネラルが豊富で、貧血予防にも役立ちます。 妊娠を目指す女性にとって、健康な体を維持することは非常に重要です。   妊活にいいお茶:黒豆茶 黒豆茶は黒大豆に女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれています。また香ばしい味なのでリラックス効果もあります。 ストレスはホルモンバランスに悪影響を及ぼし、妊娠の妨げになることがあります。温かい黒豆茶を飲むことで、安眠を促し、ストレスを軽減することができます。   ルイボス:黒大豆・たんぽぽ根など8種のハーブを配合したお茶 妊活ベビ待ち茶980円送料無料   妊活中の漢方の利点 漢方は中国伝統医学に基づく治療法で、体全体のバランスを整えることを目的としています。妊活においては、体質改善やホルモンバランスの調整を行うために用いられることが多いです。   妊活にいい漢方:補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 補中益気湯は、体力を増強し、疲れやすい体質を改善する効果があります。 妊活中は体力が必要ですが、補中益気湯を飲むことで体のエネルギーレベルを高め、妊娠しやすい体を作ることができます。   妊活にいい漢方:桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 桂枝茯苓丸は、血の巡りを良くし、冷え性や月経不順の改善に効果があります。 冷え性は妊娠の妨げになることがあり、特に子宮の冷えは妊娠の大敵です。桂枝茯苓丸を飲むことで、血行を良くし、子宮の環境を整えることができます。   妊活中はお茶と漢方どちらを選ぶべきか? お茶と漢方のどちらが良いかは、個人の体質や状況によります。以下のポイントを参考に、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。 1. **体質を見極める** 自分の体質や健康状態に応じて選ぶことが大切です。例えば、冷え性で悩んでいる場合は漢方の桂枝茯苓丸が効果的ですが、リラックスが必要な場合はルイボスティーや黒豆茶が適しています。   2. **医師や専門家に相談する** 特に漢方は専門知識が必要ですので、漢方医や薬剤師に相談することをおすすめします。お茶に関しても、妊娠中や授乳中の場合は、カフェインの摂取に注意が必要です。   3. **ライフスタイルに合わせる** お茶は手軽に取り入れやすく、日常生活に無理なく組み込むことができます。一方、漢方は継続的に飲むことで効果を発揮するため、定期的に飲み続ける覚悟が必要です。   まとめ 妊活中のお茶と漢方、それぞれにメリットがあります。 お茶はリラックスや抗酸化作用が期待でき、漢方は体質改善やホルモンバランスの調整に効果的です。 自分の体質やライフスタイルに合わせて、どちらか一方を選ぶか、あるいは両方を組み合わせることで、より健康的で妊娠しやすい体作りを目指しましょう。 どちらを選ぶにしても、まずは専門家に相談し、自分に合った方法を見つけることが大切です。

未分類

2023.6.30

葉酸が妊活中に必要な理由5つ!妊活中の今から摂ろう

妊活中の皆さん、葉酸の大切さを知っていますか? 実は、葉酸は妊活において欠かせない栄養素なんです。では、なぜ葉酸が必要なのか、以下に5つの理由をご紹介します。   1. 健康な胎児の発育を促すため 妊娠期間中は、赤ちゃんの成長が急速に進む大切な時期です。 葉酸は、胎児の脳や神経管の発育をサポートする役割を果たします。また、細胞分裂やDNA合成にも関与しており、健康な胎児の発育を促すのです。   2. 先天性異常のリスクを低減するため 葉酸は、先天性異常のリスクを低減する効果があるとされています。 特に、神経管閉鎖障害のリスクを減らす効果が注目されています。 妊活中の女性は、今から葉酸の摂取を心掛けることが大切です。     3. 貧血の予防に役立つ 妊娠中は、赤ちゃんの成長に伴い血液の量も増えます。 葉酸は、赤血球の生成を促進し、貧血の予防に役立つとされています。 貧血は妊娠中の女性によく見られる症状であり、葉酸の摂取はその予防につながります。     4. ストレス対策にもなる 妊活は、体にとって負担のかかるプロセスです。 そのため、ストレスを感じることも多いでしょう。 葉酸は、神経系の調子を整える働きがあり、ストレス対策にもなるんです。 心身の健康を保つためにも、葉酸を摂取することが重要です。     5. 健康な母体づくりに必要 妊娠するためには、健康な母体が不可欠です。葉酸は、細胞の新陳代謝をサポートし、健康な母体づくりに貢献します。 妊娠前の葉酸の摂取は、妊娠初期の胎児の健康だけでなく、母体自身の健康にも影響を与えるのです。   妊活中なら葉酸プラスアルファのサプリを摂ろう と、葉酸は赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素ですが、妊活中とあれば妊娠しやすい体作りのサポートもしていきたいですよね。 そんなときは、葉酸単体ではなく他に妊活中に嬉しい成分が入ってるサプリメントの摂取をオススメします。 葉酸サプリ「太陽の葉酸」なら、葉酸400μg以外に、ビタミンDやヘム鉄、各種ビタミンなど豊富な栄養素が入っています。 特にビタミンD不足が問題になっているので、1日2粒を目安にビタミンDの必要摂取量がほとんどまかなえるのは嬉しいポイントになります。 葉酸サプリは高額なものがおおいですが、「太陽の葉酸」なら、定価4,980円のところ2,980円で購入できます。 クーポンコード「yousan2023」で1,980円で購入することができるのでぜひ使ってみてくださいね。このクーポンコードは一人一回のみとなっています。 ⇒葉酸サプリ「太陽の葉酸」  

妊活ニュース

2023.6.22

妊活女子の注意!ビタミンD欠乏症がもたらす悪影響とは?

あまり話題になっていないけれども妊活中の女性にとって重要な問題についてお伝えします。それは、ビタミンD欠乏症です。 この欠乏が妊活にどのような影響を及ぼすのか、まとめてみました。   妊活中の女性がビタミンD欠乏症になると… みなさん、妊活中にビタミンD欠乏症が起きると、それはかなりまずいことなんです。まず、ビタミンDは私たちの身体にとって非常に重要な栄養素なんです。   なんと言っても、カルシウムの吸収を助けるだけでなく、免疫力の向上や骨の健康を保つために欠かせない存在です。   妊活中の女性にとって、ビタミンD欠乏症は特に深刻な問題です。なぜなら、ビタミンDは受精卵の着床や胎児の骨の発育にも関与しているからです。   欠乏してしまうと、これらのプロセスに悪影響を及ぼす可能性があるんです。   ビタミンD欠乏症の症状 ビタミンD欠乏症の症状としては、疲労感や筋肉の痛み、骨の弱さ、抵抗力の低下などが挙げられます。   これらは妊活においては大敵ですよね。体調が優れないと、元気な体で赤ちゃんを授かることも難しくなりますし、妊娠後期になってからの辛い症状も増えてしまうかもしれません。   また、ビタミンDは着床に必要な栄養素なのでビタミンDが不足することで流産しやすくなってしまうという研究結果もあります。   妊活中の女性はビタミンDの摂取に注意が必要なんです。   どうやってビタミンDを摂取するのか では、ビタミンDをどのように摂取するかというと、まずは日光浴がオススメです。   日光に当たることで、私たちの体はビタミンDを自然に生成することができます。   ただし、紫外線の過剰な曝露は肌へのダメージを与える可能性もあるので、適度な時間帯と日焼け止めの使用を心がけましょう。   また、食事からもビタミンDを摂取することができます。   脂肪魚(サーモンやマグロなど)や卵黄、乳製品、植物性の食品(キノコ類など)にはビタミンDが含まれています。   バランスの取れた食事を心掛け、これらの食品を積極的に取り入れることが大切です。 関連記事⇒ビタミンDを多く含む取り入れやすい食べ物     食事や日光浴だけでは不足しがち しかし、食事や日光浴だけでは十分なビタミンDを摂取するのは難しい場合もあります。そのような場合には、ビタミンDサプリメントを利用することも一つの選択肢です。   ビタミンDは、妊活中の女性なら8.5μg摂取するといいと言われています。   過剰摂取には気をつけましょう。   妊活中の女性にオススメのビタミンDサプリ 妊活中の女性にオススメのビタミンDサプリは葉酸サプリ「太陽の葉酸」です。   その名の通り、妊活中の女性に必要な葉酸が400μg摂取することができ、ビタミンDも7μg摂れるので1日のほとんどのビタミンDがまかなえます。   葉酸サプリは高額なものがおおいですが、「太陽の葉酸」なら、定価4,980円のところ2,980円で購入できます。   クーポンコード「yousan2023」で1,980円で購入することができるのでぜひ使ってみてくださいね。このクーポンコードは一人一回のみとなっています。 ⇒葉酸サプリ「太陽の葉酸」

妊活ニュース

2023.6.20

妊活中のファスティングってどうなの?私のオススメの方法

妊活中のカップルにとって、健康な体とバランスの取れた食事はとても大事です。 最近注目を浴びている食事法がファスティングです。 ファスティングは、一定の時間食事を制限することで体に様々な効果をもたらすと言われています。しかし、妊活中の女性にとってファスティングは安全なのでしょうか? 本記事では、妊活中のファスティングについて考察していきます。   ファスティングのメリット ファスティングには、体内のデトックス効果やインスリン感度の改善、脂肪燃焼の促進など、さまざまなメリットがあります。 これらの効果だけを見ると、妊活においても有益な要素と言えます。 例えば、体内の老廃物を排出することで、体の環境を整えることができます。 また、ファスティングによって体内のインスリン感度が改善されると、血糖値の安定化やホルモンバランスの調整に役立つとされています。   妊活中のファスティングの注意点 妊活中の女性がファスティングを行う際には、いくつかの注意点があります。 まず、栄養不足にならないように食事内容に気を配ることが大事です。 妊活中は特に、体に必要な栄養素が豊富に摂取されることが望まれます。 ファスティングだと食事が取れないので、前後の準備期間に栄養をある程度とっておく必要がありますね。   ファスティングがストレスになるなら考えもの ファスティング期間中のストレスや身体への負担も考慮する必要があります。妊活中の女性は、ストレスを避け、心身の健康を維持することが重要です。 過度の断食や長期間のファスティングは、体に負担をかける可能性があるため、注意が必要です。 短期間のファスティングや時間制限のあるファスティングを取り入れることが、安全かつ効果的な方法です。   妊活中にオススメのファスティング法 妊活中のファステファスティングは、妊活中の女性にとって潜在的なメリットがある一方で、注意が必要な側面もあります。 妊娠を希望している女性は、自身の健康と将来の赤ちゃんのために、バランスの取れた食事と栄養摂取に重点を置くべきです。 なので何日も断食するようなファスティングより、夜は寝る3時間前までに食事を済ませ、次の日の朝まで食べ物は口にしない…という胃を休める程度のファスティングがいいなと個人的に思います。   私も、昔は寝る直前まで何かを食べていて、次の朝は胃が痛くて起きるということがよくありました。 今は19時前に食事を済ませて、次に何かを食べるのは次の日の朝の7時です。 12時間何も食べないので、ちょっとしたファスティング効果にはなっていると思います。   妊活中は、飲み物にも気を配ろう 妊活中は、食事からの栄養素も大事ですが、飲み物も大事。 「妊活ベビ待ち茶」はルイボス、黒大豆、たんぽぽ根など8種のハーブ配合で妊活している女性に人気のお茶になります。 ノンカフェインなので、妊活中だけでなく妊娠中も安心して飲めますよ。 味が気になる方はお試し版もあるのでぜひ飲んでみてください。 ↓ここで買えます 妊活ベビ待ち茶お試し980円送料無料  

未分類

2023.6.15

ビタミンDを多く含む取り入れやすい食べ物

妊活中に大事な栄養素であるビタミンD。 日光からの生成がほとんどですが、食べ物からも摂取できます。 取り入れやすい食品なので、ぜひビタミンD生成のために食べてみてくださいね。   おさかな サケ、マグロ、サバなどの脂肪魚はビタミンDの最も豊富な食源です。 特に鮭はビタミンDの含有量が非常に高く、一食で推奨摂取量の大部分を補うことができます。 鮭は、焼くだけで食べれますし、お刺身用のサーモンならカルパッチョにしても美味しいですよね。   乳製品 牛乳、ヨーグルト、チーズなど、一部の乳製品にはビタミンDが添加されているものがあります。 特に牛乳やヨーグルトは、ビタミンDを摂取する手軽な方法です。 プチダノンは1つに0.8μgのビタミンDが配合されていて、少なめではありますが一日の摂取目安量8.5μgのほんの足しにはなります。 朝ごはんに必ずヨーグルトを食べる方は、ビタミンDが配合されてるものがおすすめです。   卵黄 卵黄はビタミンDが含まれる自然食品の中でも重要なものです。 一つの卵黄には2.4μgのビタミンDが配合されていて、一日の摂取目安量の20%くらいになります。 最近卵が値上がりして、300円近くしますがそれでも豊富な栄養素を見れば安い金額だと思って、毎日食べましょう。   お肉 牛肉や豚肉などの肉にはビタミンDがわずかに含まれており、赤身の肉に比べて脂肪の多い部位に多く含まれています。 ただし、量は他の食品と比べると少ないため、他の食品と組み合わせて摂取することがおすすめです。   足りない分はサプリで補おう 妊活中の女性にとって重要な役割を担うビタミンD。 今ほとんどの方が不足していることが問題になっています。 妊活中であれば、赤ちゃんのためにサプリで補いましょう。 葉酸サプリ「太陽の葉酸」ならビタミンDが7ug配合されて、一日の摂取目安量のほとんどを含んでいます。 その名の通り葉酸も含まれているので妊活中の女性にとってもオススメ。 続けやすい金額設定にしているので、ぜひ試してみてくださいね。 定期便じゃないので、好きなときに購入できます。 クーポンコード「yousan2023」を使用すると、一人一回限りで1,980円(税込・送料無料)で購入できます。 ⇒葉酸サプリ「太陽の葉酸」

妊活ニュース

2023.6.13

葉酸サプリを摂ることで産み分けができる?真実を解明!

男の子と女の子、どちらか希望した方を妊娠したいときの「産み分け」。   本来なら男女どちらでも赤ちゃんに恵まれるのは妊活中のご夫婦にとって嬉しいものですが、様々な事情によりどちらかの性別を希望する場合は「産み分け」について真剣に考えてしまいますよね。   今回は、葉酸サプリを飲むことによって産み分けができると噂で聞いたので調べてみました!   葉酸サプリと産み分けの関係について 葉酸サプリは、妊活中の方にとって重要な栄養素ですが、産み分けにも役立つと言われています。   一部の研究は、特定の葉酸サプリメントが妊娠する確率を高める可能性があることを示唆しています。   しかし、科学的な証拠は限られており、葉酸サプリ単体で産み分けが完全に可能かどうかはまだ確定されていません。   葉酸サプリと男女の受精に関わる要素 産み分けを考える場合、男女の受精に関わる要素が重要です。   葉酸は、女性の体内で細胞分裂とDNAの合成に関与しており、健康な赤血球の形成を助けることが知られています。   しかし、性別は受精の瞬間に決まるため、単に葉酸を摂るだけでは産み分けに直接的な効果は期待できません。   一般的には、男の子を望むなら、腟内がアルカリ性になる排卵日当日に性交渉を。女の子を望むなら、腟内がまだ酸性に近い排卵日2日前に性交渉をすると良いと言われています。   妊娠前に葉酸サプリと飲んでいるとうことは妊活の意識が高いと考えられます。通院や排卵検査薬などで排卵日を特定できているからこそ、この産み分け方法は使えそうですよね。   葉酸サプリは妊活中から飲むのが大事 厚労省は、妊娠を希望する女性に対して、妊娠前から妊娠初期の12週間までの間に葉酸サプリを摂取することを推奨しています。   葉酸は、胎児の正常な発育と神経系の形成に重要な役割を果たすビタミンです。   特に胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減する効果が認められており、妊活中の葉酸摂取は重要です。   厚労省は、妊娠を希望する女性が妊娠前から葉酸サプリを摂取することで、このリスクを減らすことを推奨しています。   オススメの葉酸サプリ 妊活中の方におすすめの葉酸サプリは「太陽の葉酸」。   1日2粒を目安に葉酸400μg、ビタミンD、ヘム鉄などが含まれており、妊娠初期の健康な発育に必要な栄養素をバランスよく摂取できます。   特に、葉酸は体内で効率的に吸収されるモノグルタミン酸型を使用しています。   「太陽の葉酸」は安全性が高く、妊活において葉酸サプリメントを検討されている方におすすめです。   クーポンコード「yousan2023」を使用すると、一人一回限りで1,980円(税込・送料無料)で購入できます。   定期便ではないので、自分の好きなタイミングで購入できるのもおすすめのポイントです。 ⇒葉酸サプリ「太陽の葉酸」

妊活ニュース

2023.6.8

妊活中に必須!ビタミンDの一日の摂取量とは?

妊活中のビタミンDの重要性と一日の摂取量について調べてみました。 ビタミンDは、妊娠を望んでいる方にとって特に重要な役割を果たします。 それでは、ビタミンDの一日の摂取量に関して、3つのポイントに分けて解説していきます。   ビタミンDの役割と必要性 ビタミンDは、主に日光によって体内で生成されます。 しかし、現代の生活スタイルや気候条件により、日光にさらされる機会が減ってしまうことがあります。 ⇒妊娠に不可欠なビタミンDはどれくらいの時間日光浴すればいいの?   ビタミンDは、カルシウムの吸収を助け、骨の成長や健康維持に欠かせない栄養素です。また、最近の研究では、ビタミンDが妊娠や胎児の発育にも重要な影響を及ぼすことが示唆されています。 そのため、妊活中の方には特にビタミンDの摂取が推奨されます。   一日のビタミンD摂取量の目安 ビタミンDの一日の摂取量は、個人の年齢や状況によって異なります。 一般的な目安としては、成人の場合、8.5μgが推奨されています。 また、ビタミンDは食事から摂取することもできますが、食品だけでは十分な量を摂取するのは難しい場合があります。 日焼け止めの仕様、食品から摂取することが難しいので近年はビタミンD不足が問題となっています。 確実に摂取できる、サプリメントを検討するのも良い選択肢です。   ビタミンDサプリメントの選び方と注意点 ビタミンDサプリメントは市場に数多く存在しますが、選ぶ際にはいくつかのポイントに注意しましょう。 まず、信頼性の高いメーカーやブランドから製品を選ぶことが重要です。 製品の成分表を確認し、ビタミンDの含有量やその他の成分に注意しましょう。 たくさん成分が含まれているからいいとは限りません。過剰摂取には気をつけましょう。   オススメのビタミンDサプリ 妊活中の皆さんにおすすめの葉酸&ビタミンDサプリメントが「太陽の葉酸」。 このサプリメントは、ビタミンDの不足を補うために最適です。 1日2粒でビタミンD7μgと葉酸が400μgが摂取できて、健康な妊娠をサポートします。   安心して摂取できるように、厳選された成分を使用しています。 さらに、クーポンコード「yousan2023」を使用すると、一人一回限りで1,980円(税込・送料無料)で購入できます。 定期便ではないので、自分の好きなタイミングで購入できるのもおすすめのポイントです。 ⇒葉酸サプリ「太陽の葉酸」    

妊活ニュース

2023.6.5

食べ物から葉酸を摂りたいなら納豆がオススメ!

妊活をしている方にとって、健康な赤ちゃんを授かるためには、様々な準備が必要ですよね。 その中でも特に注目したい栄養素が「葉酸」です。 葉酸は妊娠初期に摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らす効果があると言われています。 では、どのように葉酸を摂るのが良いのでしょうか?今回は食べ物から葉酸を摂りたい方に、オススメの納豆について調べてみました。   葉酸とは 葉酸はビタミンB群の一種であり、細胞分裂や血液の生成に関与しています。 妊活中の方にとっては、胎児の神経系の発達に重要な役割を果たします。 また、赤ちゃんが健康に成長するためにも欠かせない栄養素なのです。   葉酸を多く含む食品 葉酸は食事から摂取することができます。 特に葉酸を多く含む食品として知られているのが「納豆」です。 納豆は大豆に含まれる葉酸がたっぷりと含まれており、手軽に摂ることができます。 他にもほうれん草やアスパラガスなどの緑黄色野菜、レバーや牛肉などの内臓食品も葉酸の良い摂取源です。   食事だけの摂取は不足が心配… 食事だけで葉酸の適切な摂取量を確保するのは難しい場合もあります。そこで、葉酸サプリメントがおすすめです。 葉酸サプリは、不足しがちな葉酸を手軽に摂取できる方法として人気があります。また、サプリメントは毎日の摂取量を正確に管理することができるため、安心して摂ることができます。   葉酸サプリ摂取のタイミング 一般的には、妊活中から妊娠初期にかけての期間に積極的に摂取することが推奨されています。妊娠がわかった後も、医師の指示に従って摂取を続けることが大切です。 一日の中でいつ摂取すればいいのかは下記をご覧くださいね。 »知らないと続けられない!?葉酸サプリを飲むタイミング   オススメの葉酸サプリ「太陽の葉酸」 妊活中の方へおすすめ!葉酸サプリ「太陽の葉酸」には、400μgの葉酸とビタミンDが含まれています。 葉酸は赤ちゃんの神経管閉鎖障害リスクを減らす効果があり、ビタミンDは最近、妊活中の女性に注目されている成分。 バランスの取れた食事と併せて摂ることで、健康な妊活をサポートします。 葉酸サプリ「太陽の葉酸」は安心の品質で、毎日の正確な摂取が可能です。 妊活中の方にはぜひお試しいただき、健やかな赤ちゃんの誕生を願っています。 お客様の声を取り入れて、好きなときに購入できるよう 定期便を撤廃いたしました。解約の手間がございません。   お一人様一回限りお安く購入できる クーポンコード:「yousan2023」 1,980円(税込み、送料無料)で購入できます。   ⇒葉酸サプリ「太陽の葉酸」  

1 2 3 13

 人気記事

 月別アーカイブ

 年別アーカイブ

メニュー

ページトップへ