妊活ベビ待ち茶公式通販サイト わたしの妊活ウェブ

妊活ベビ待ち茶公式通販サイト わたしの妊活ウェブ

my-ninkatsu > カテゴリー: 妊活ニュース

妊活ニュース

2014.8.1

卵子は20代後半から老化していきます。

妊娠に必要なのは、精子と卵子というのは皆さんもご存知。 精子は、日々作られ続けるのですが卵子はなんと、年々減って行きます。 なので、生理が終わる「閉経」というのがあるんですね。 卵子は、お母さんのお腹にいる時には700万個、産まれた時点で100万個に減ります。 そして、思春期で20万個になって、月経のたびに500〜1,000個の卵子を失います。 1年で約9,000個の卵子がなくなるので、40代後半には卵子が0になる人もいるでしょう。 精子は、1日に5,000万〜1億もつくられるのに卵子はどんどん減っていってしまうのです。 更に年齢とともに、卵子はダメージを受け老化していきます。 高齢による染色体異常で卵子の質が下がり、妊娠率が低下してしまうのです。 具体的に言うと、卵子の老化は20代後半から始まって、妊娠率の低下が32歳からゆるやかに始まり、37歳からは加速していきます。 (日本産婦人科学会より) 赤い線が妊娠率。30代に入ると緩やかに下がって行き、30代後半で一気に急降下しています。   卵子の老化を確実に止める方法は、卵子の冷凍保存。 卵子凍結は、女性の卵巣から取った卵子を急速冷凍して保存し、使用するときは解凍して体外受精に使う方法です。 費用は保険が効かないので初期費用100万円+年間保管料は10万円以上。更に、冷凍保存された卵子を解凍して体外受精しても成功率は10%。 冷凍保存でなくても、卵子を健康にすることはできます。 次回は卵子を健康にするお話をしていきたいと思います。

1 8 9 10

 人気記事

 月別アーカイブ

 年別アーカイブ

メニュー

ページトップへ